雑貨店・雑貨ショップは、男女ともに幅広い年代層にとって魅力のあるビジネスで
 開業・独立人気がとても高い業種のひとつといわれています。
 お店をオープンするにあたり、特別な専門技術や資格も必要ないですから、他の業種と
 比べてみても、開業するためのハードルもかなり低いといえます。
 たとえ小さなスペースであっても、あなたの大好きな雑貨商品を並べた、あなたの
 夢の雑貨ショップをオープンしてみませんか?

 

  スポンサードリンク
    


店のコンセプト作り」 の項でもおすすめしましたが、卸し問屋の見学などによって、あなたの雑貨ショップで取り扱う商品構成の具体的なイメージもかたまってきたら、いよいよお店の物件(店舗)探しです。

「 あなたの雑貨ショップをどこにオープンするのか?」 は、これから先のビジネスが成功するか、失敗するか、を左右する重要な要因のひとつですから、できるだけあせらず、慎重に決めなければなりません。

あらかじめ以前から目星をつけている場所があったり、自分や家族・親族などが所有する物件を利用してお店を開こうとしている方は別として、まったくのゼロから探しはじめる場合は 「 どこであなたの雑貨ショップを開業するのか?」 
まずはエリア(出店地域)を選定する作業からはじめなければなりません。


 出 店 エ リ ア を 選 定 す る

スポンサードリンク
 

東京・大阪などの大都会では、電車の駅ごとにそれぞれ大なり小なりの街が形成され、エリアの選定も広大になります。 また、家賃などの金銭的問題も複雑にからんできますから 「 どのあたりにあなたの雑貨店をオープンするのがベストな選択なのか? 」 を決定することはなかなか難しい作業となります。

その反対に地方都市の場合は、ある程度の数のお店が集まっている商業集積地域はそのほとんどが、駅周辺か郊外のショッピング・モールなどに集中しています。

交通機関の幹線道や住宅密集地、またはその地方ならではの雑貨ショップにむいた穴場スポットなどもエリアが限定されていますから、どのあたりに 「出店するのか?できるのか?」 も自然と決まってくるはずです。

「お店をどこに開くか?」 出店場所の決定は、今後ビジネスとして継続してゆくうえでも、商品の次に重要なポイントですが、当然 「どのような雑貨商品を販売するのか?」 も場所選びに大きくかかわってきます。

わかりやすい例で紹介しますと、仮にひと月の売上げ目標を250万円とした場合、25日営業では1日10万円の売上げを確保しなければなりません。

これを客単価が5万円の雑貨を売るならば、1日に2人のお客さんで目標をクリアーできますが、客単価1000円の雑貨を売るならば、単純計算で1日に100人、1日9時間営業で、1時間に11人のお客さんが購入してくれないと目標は達成できません。

また、飲食店とは違い物販の場合はお店に入ってきたお客さんのすべてが商品を買ってくれるわけではありませんから、購買率が1割の場合、
1日に100人×10倍=1000人
のお客さんがお店に来てくれて、やっと目標の10万円をクリアすることができることになります。

1日に2人のお客さんならば、商業地から離れた人通りの少ないロケーションでも、2〜3台の車が駐車できるようなスペースがあれば、商品次第でお客さんを呼び込むこともできますが、1日100人の購買客が目標ならば、それなりに人通りのある商業地区(繁華街)でなければ、まず予算の達成は無理です。

そのような面からも、はじめて個人経営の雑貨ショップを開く方にアドバイスしたいのは、できるだけあなたの土地勘のある地域での開業をめざすべきです。

あなたの行動テリトリーの範囲内ならば数字(通行量)などのデーターではなく、あなたがこれまで生活してきた歳月の中で蓄積している 「生きたデーター」 が店舗物件の立地の 良し、悪し を感覚で判断してくれます。

利便性やまわりの雰囲気などから 「 果たして、その場所があなたのお店に適しているのか?」 もよくわかるはずです。

もしあなたが、若者向けの商品を扱った雑貨店を開こうとしているならば、どのあたりにお店の購買層となる若者たちが集まっているのかも土地勘があれば容易に推測できるからです。

またさきほどの例のように、ある程度単価の高い商品を扱う場合は、数台の駐車スペースが確保できるようならば、商業地域でなくても交通の便が比較的良好で閑静な住宅街などにあえて開くなど、同業ショップの少ない場所を選んで出店するという選択もあります。

ただしこの場合注意するべきことは、ケーキ屋さん、フラワーショップ、カフェなどのように雑貨店と客層の比較的似かよった業種が数店で小規模のショッピングモール(マンションなどの集合住宅の1〜2階部分で展開)などを構成しているようなパターンでは、各店舗の相乗効果も得られ、ビジネスとして軌道に乗りやすいといえますが、あなたの雑貨店だけが単独店舗として、このような商業地域ではないエリアに出店する場合は、お店としての存在を認識してもらうためにもある程度の店舗スペース(最低でも15坪以上)と目に付くような外装やサイン看板等が必要になります。

その点から見ても、郊外でお店をオープンする場合は、すぐに店舗運営を軌道に乗せることはむずかしく、このようなロケーションでは、時間をかけて優良な顧客をつかんでお店のファン(固定客)を徐々に増やしてゆかなければならないでしょう。

以上のようにさまざまな角度からよく考慮したうえで、まずはあなたの希望するエリアを3〜5ヶ所ほどピック・アップして、優先順位をつけて探してみることにしましょう。そこで次項からは、あなたのお店に適した場所を探すためのさまざまな方法をご紹介してゆきます。



     スポンサードリンク
    

    


店舗コンセプトの決定
雑貨店のコンセプトとは?
店舗イメージの具体化
開業予定日の決定
おすすめの雑貨店


商 品 仕 入 関 連
国内での雑貨仕入方法
メーカーとの取引方法
新規メーカーの開拓方法
ネット卸問屋の利用方法
メーカーとの取引条件
手作り作家さんからの仕入
ギフトショーの利用方法
海外での仕入方法
海外仕入の注意点
海外からの商品運搬方法


店 舗 取 得 関 連
どこにお店を開くか?
不動産屋さんめぐり1
不動産屋さんめぐり2
立地条件のチェック方法1
立地条件のチェック方法2
チャレンジショップに出店
FCフランチャイズに加盟
商業施設への出店方法


店 舗 改 装 関 連
店舗の改装方法
格安な手作り改装
什器専門店を利用する
改装専門業者へ依頼する


開 業 資 金 関 連
開業資金の調達方法1
開業資金の調達方法2


開 店 準 備 関 連
開店準備手続き
店舗必要備品の調達
クレジットカードの取扱
店内在庫商品の仕入
商品の仕入ディスプレー


店 舗 運 営 関 連
ショップスタッフの雇用
スタッフの募集方法
販売目標の作成
販売データーの収集管理
顧客情報管理


そ の 他 業 務 関 連
開業申請手続き
税金・保険手続き


簡単ネットショップを作る
毎月のショップ運営費用
独自ドメインの取得方法
ネットショップの集客方法
ポイントを利用した集客
ネットショップの作成方法
掲載商法の仕入方法
売上商品の決済方法
売上商品の発送方法
副業での簡単開業方法
副業でのショップ運営方法
商品画像の掲載方法 


ナチュラル雑貨仕入先
アジアン/バリ雑貨仕入先
アフリカン雑貨仕入先
アメリカン雑貨仕入先
カントリー雑貨仕入先
ハワイアン雑貨仕入先
ヨーロピアン雑貨仕入先
北欧雑貨仕入先
ファッション雑貨仕入先
インテリア雑貨仕入先
食器/キッチン雑貨仕入先
和食器/和雑貨仕入先
ステーショナリー仕入先
コスメ化粧小物雑貨仕入先
ヒーリング雑貨仕入先
携帯/モバイル雑貨仕入先
ガーデニング雑貨仕入先
玩具/ホビー雑貨仕入先
バラエティー雑貨仕入先
手芸クラフト雑貨仕入先
ギフト生活雑貨仕入先
猫ねこネコcat雑貨仕入先
猫ねこアクセサリー仕入先


ビジネス用語集1
ビジネス用語集2
お問い合わせ


展示会/見本市開催情報
雑貨店開業資金情報館
雑貨店開業関連本



TOPページサイトマップ情報ブック館情報コンテンツ館お問い合わせ