雑貨店・雑貨ショップは、男女ともに幅広い年代層にとって魅力のあるビジネスで
 開業・独立人気がとても高い業種のひとつといわれています。
 お店をオープンするにあたり、特別な専門技術や資格も必要ないですから、他の業種と
 比べてみても、開業するためのハードルもかなり低いといえます。
 たとえ小さなスペースであっても、あなたの大好きな雑貨商品を並べた、あなたの
 夢の雑貨ショップをオープンしてみませんか?

 

   スポンサードリンク
    


ひとくちに雑貨といっても、インテリアからキッチン関連、生活雑貨からアクセサリーや服飾小物、アンティークからステーショナリーなど、細かく分類してゆけばきりがありません。

そのような多種多様な雑貨ショップの中で、比較的とっかかり易く、店内の商品構成等に柔軟に対応できる上に利益率の高いのが、ファッション服飾関連を主商品として雑貨屋さんです。

ファッション服飾関連雑貨とは、その名の通りファッション関連のさまざまな商品アイテムを指します。 ティーカップやグラス、花びんなどのような、あなたの部屋や住居の生活空間を色取る鑑賞的、実用的な要素の強い雑貨ではなく、あなた自身が身に着けたり持ち運んだりして日常生活の中で頻繁に使う商品アイテム群のことを指します。 
一般的な取り扱いアイテムは

◇ アクセサリー(ピアス、イヤリング、ネックレス、ブローチ、指輪、ブレスレット)
◇ 髪留めなどのヘアーアクセサリー、時計、バッグ、傘、ソックス、ベルト類
◇ 帽子、ストール、マフラーなどの季節商品、シューズ、軽衣料
◇ 財布、小物入れ、化粧ポーチ、キーホルダー、チャームなどの小物類


もっと広げれば、フレグランス類、化粧小物も含み、店舗スペースやお店のイメージに合わせて、この豊富な商品アイテムをいろいろと組み合わせたり、独自にアレンジして展開することができます。

またファッション関連以外でも、アクセサリーのディスプレー用におしゃれなカップ類や写真立てなどのインテリア小物類を上手く使って販売することもできます。

写真立てなども、たくさんの種類をならべて販売するよりもネックレスなどにからめてディスプレーする方法をとるとお客さんの目に入り易く、わずか2,3点でも効率よく売れたりもします。

よくブティックなどで洋服ハンガーの上の棚にバックやシューズを数点だけ ポン、ポンと並べられているのが、とても素敵な商品に見えたりしますよね? 服飾関連雑貨の場合もディスプレーの工夫次第でそのような効果を生み出すことができます。

それでは「なぜ、ファッション雑貨(服飾雑貨)を主としてた商品構成の雑貨ショップがおすすめなのか?」 そのメリットについてご説明します。

  


まずは、そのものズバリで「ファッション関連雑貨」は利益率(お店の利益=儲け)が高い点があげられます。 アクセサリー類(ヘアー関連も含む)などは通常でも掛け率が50%で、定価(売り値)の半分が利益となります。 5000円のネックレスが売れたならば2500円が利益となってあなたのショップに入ってきます。

バーゲン商材(通常定価の10~20%で仕入れできる)などもたくさんありますし、ネックレスやピアスなどの各アイテムは市販のモノにちょっとあなたが手をくわえて、ひと工夫するだけで簡単にあなたのショップのオリジナルを作り出すこともできます。

そのことによって、商品の利幅(利益額)をアップさせることも可能で、これらをうまく組み合わせて販売してゆけば年間の利益率は55~60%くらいになります。
(わたしのショップのアクセサリー関連部門の利益率は57%位になります)このような高い利益率は他の物販業種と比べても、かなり魅力的な数字といえます。

今まで商売経験の無い方にとっては、あまりピンとこないかもしれませんから、少し他の業界の利益率を以下にピックアップしてみました。

◇ 本や雑誌などの書籍類や音楽CD、DVD関連 ➡ 販売価格の20~25%
◇ 家電などの電気製品関連 ➡ 10~15%
◇ 衣料品関連 ➡ 35~40%


仮に利益率が10%高ければ、年商3000万円のパターンでは、1年間で300万円もお店の利益(あなたの儲け)が多くなります。 慢性的な不景気がまだまだ続く現在、大企業などは1~2%でも利益率の向上改善をはかるのに四苦八苦しているのが現状です。

また、利益率が高いということは、その逆に原価率が低いということにもなり、当然あなたがショップをオープンする時の在庫商品仕入れ金額が少なくてすみます。

あなたのショップの在庫商品の販売定価の合計金額が300万円になるとしたら、それだけの商品を仕入れるのに掛け率が70%だと210万円が必要なのに対して、掛け率50%ならば150万円で済むことになります。

アクセサリーなどの 「 ファッション関連雑貨」は、まさに安く仕入れて、たくさん儲ける 」 というビジネス面でも、とても魅力的な雑貨商材といえます。


 
 スポンサードリンク
 

さきほど解説したように、ファッション関連の取り扱いアイテム数は多種多様にあるので、あなたのショップがオープンしたあとから、状況にあわせて柔軟に変化・対応できる点も大きなメリットといえます。

たとえば、オープンからの商品動向を見ながらあなたの予想よりも回転率の高いアイテム(よく売れる商品)は仕入れの量をふやし、逆に動きのわるいアイテムを店内から減らしてゆく・・・ また、梅雨時期には傘を、秋になればストールを、クリスマスシーズンにはパーティー関連を、3,4月の卒業、入学、転勤異動シーズンにはフォーマル関連や記念品や餞別にもなるちょっとした小物雑貨を・・・ というように、季節や歳時にあわせて店内の商品構成にアレンジや変化をつけることがとても簡単にできます。

しかしインテリアや生活関連の雑貨類ばかりでは、その商品の性格上からお客さんの購買に結びつくような商品の提案・演出がなかなか短サイクルでうまく出来ません・・・
せいぜい、陳列什器の移動や商品の並び替えによってお客さんの目をごまかすくらいです。(これも重要なのですが・・・)

店舗スペースの大きなショップでは、豊富な商品量の魅力でお客さんを引っ張ってこれますが、小さなショップでは陳列できる商品量にどうしても限りがあります。

そのために「いつ来ても、このお店の商品は同じだ・・・」というマイナスイメージをもたれてしまったら、小さなお店にとっては致命傷になりかねません。 お客さんの足は、あなたのお店からどんどん遠ざかってゆきます… これだけは何としても避けなければなりません。

限られたスペースでの商品の沈滞は、必ずお店をダメにします。

その点からも、短サイクルで新しい商品の提供ができるファッション関連の雑貨では常にお客さんにとって魅力的なショップ運営ができます。

また豊富なアイテム数は、アクセサリーなどの小さなタイプの品から、バックや軽衣料などの大きなタイプの品まで商品サイズも幅広いですから、限られたスペースを有効利用すれば、商品のボリューム感もうまく演出でき、雑貨店独特のゴチャゴチャした「おもちゃ箱」的なイメージもこれまた簡単に作ることができるんです。

経営コンサルタントの専門家?からみれば、反論されるかもしれませんが、私のポリシーとしては「小さなショップは、スッキリしたイメージよりもゴチャゴチャした雰囲気がお客さんも入店しやすく、販売にも結びつきやすい!」と信じています。

  


一般的に小売店は300人の顧客(繰り返し商品を買ってくれるあなたのお店のファン)をしっかりと確保できれば営業を継続してゆけるといわれています。 これは人口1万人の地方小都市でも全体の3%の人にお店の顧客になってもらえばOK!ということになります。

300人が1年間に5万円の買い物をしてくれれば、お店の年商は
 300人×50000=1500万円 になります。
そしてこの300人が知人をひとり連れて来てくれれば、
 300人×2=600人×50000=3000万円
というように年商は倍になります。

そのためには、ショップをオープンしたらまず、あなたはこの核となる300人の顧客(ファン)を作らなければなりません。

1日3人、あなたのショップの新しいファンになってもらえれば、営業100日で300人の顧客を作ることができますが、現実にはそんな簡単なことではないので、あなたの努力にもよりますが、通常1年くらいは必要となります。 
ここでちょっと考えてみて下さい。

この300人のファンのお客さんが、あなたのショップに毎月1回、最低でも1シーズンに1回(年4回)は、来店して商品を買ってもらいやすい商品系統は、何だと思いますか?
  
ワイングラスだと思いますか?

コーヒーカップだと思いますか?

キッチン用品だと思いますか?

それはやはりファッション服飾関連雑貨なんです。

お客さんが身につけたり、持ち運んだりするファッション系はシーズンごとの購入頻度が他の雑貨類よりも高いのが特徴です。 それとは対照にグラス類やカップ類、置物類、クッションなどは一度自分用に買ってしまえば、ギフト需要の場合を除いて、次回購入までにはどうしてもある程度の期間が空いてしまいます。

いくら300人の顧客を確保できたとしても、1年に1回しか購入してもらえないような商品を扱っていたら、高額品でもない限りお店を維持してゆくのはむずかしいといえます。

たえず新規のお客さんが来店してくれるような都会の中心部とか、集客力のあるイオンやららぽーとなどの大型複合ショッピング・センターなどに出店しない限り、ビジネスとして収益をあげて、なおかつそれを継続してゆくことは困難かもしれません。

そのほかにも、ピアスとネックレス、バックとアクセサリーと時計… というように、1度の来店で単品ではなく、2点、3点といっしょに買ってもらうセット販売にも商品の特性上すぐれています。

ディスプレーでの演出やチョッとしたお声かけ(接客)によってお客さんに「それじゃ、ついでにこれも・・」 という感じで購入してもらえる頻度も高いです。

ここまで、ファッション関連雑貨のビジネス面でのメリットをいろいろと解説してきましたが、最後にポイントをまとめておきます。

▼ 利 益 率 が 高 い !
  ・商品を安く仕入てたくさんの利幅をかせぐことができる。

▼ 商 品 ア イ テ ム 数 が 多 い !
  ・季節、催事に合わせての販売機会が多い
  ・状況にあわせて柔軟に対応できる
  ・小さいスペースを有効活用してボリューム感を出せる
  ・年間を通して顧客の来店、購買頻度が高い

また、ひとくくりに服飾関連雑貨といっても、アメリカン調、インドやベトナムなどのアジアン調から中国調やナチュラル調まで、そのテイスティングはさまざまですから、あなたの好みにあわせてお店で展開できます。

もちろん什器でコーナーを分けたりすることによって関連性のある生活雑貨を販売することも可能ですから、 あなたのアレンジとセンスの見せ所といえます。




     スポンサードリンク
    

    


店舗コンセプトの決定
雑貨店のコンセプトとは?
店舗イメージの具体化
開業予定日の決定
おすすめの雑貨店


商 品 仕 入 関 連
国内での雑貨仕入方法
メーカーとの取引方法
新規メーカーの開拓方法
ネット卸問屋の利用方法
メーカーとの取引条件
手作り作家さんからの仕入
ギフトショーの利用方法
海外での仕入方法
海外仕入の注意点
海外からの商品運搬方法


店 舗 取 得 関 連
どこにお店を開くか?
不動産屋さんめぐり1
不動産屋さんめぐり2
立地条件のチェック方法1
立地条件のチェック方法2
チャレンジショップに出店
FCフランチャイズに加盟
商業施設への出店方法


店 舗 改 装 関 連
店舗の改装方法
格安な手作り改装
什器専門店を利用する
改装専門業者へ依頼する


開 業 資 金 関 連
開業資金の調達方法1
開業資金の調達方法2


開 店 準 備 関 連
開店準備手続き
店舗必要備品の調達
クレジットカードの取扱
店内在庫商品の仕入
商品の仕入ディスプレー


店 舗 運 営 関 連
ショップスタッフの雇用
スタッフの募集方法
販売目標の作成
販売データーの収集管理
顧客情報管理


そ の 他 業 務 関 連
開業申請手続き
税金・保険手続き


簡単ネットショップを作る
毎月のショップ運営費用
独自ドメインの取得方法
ネットショップの集客方法
ポイントを利用した集客
ネットショップの作成方法
掲載商法の仕入方法
売上商品の決済方法
売上商品の発送方法
副業での簡単開業方法
副業でのショップ運営方法
商品画像の掲載方法 


ナチュラル雑貨仕入先
アジアン/バリ雑貨仕入先
アフリカン雑貨仕入先
アメリカン雑貨仕入先
カントリー雑貨仕入先
ハワイアン雑貨仕入先
ヨーロピアン雑貨仕入先
北欧雑貨仕入先
ファッション雑貨仕入先
インテリア雑貨仕入先
食器/キッチン雑貨仕入先
和食器/和雑貨仕入先
ステーショナリー仕入先
コスメ化粧小物雑貨仕入先
ヒーリング雑貨仕入先
携帯/モバイル雑貨仕入先
ガーデニング雑貨仕入先
玩具/ホビー雑貨仕入先
バラエティー雑貨仕入先
手芸クラフト雑貨仕入先
ギフト生活雑貨仕入先
猫ねこネコcat雑貨仕入先
猫ねこアクセサリー仕入先


ビジネス用語集1
ビジネス用語集2
お問い合わせ


展示会/見本市開催情報
雑貨店開業資金情報館
雑貨店開業関連本



TOPページサイトマップ情報ブック館情報コンテンツ館お問い合わせ